アルカラ

オルタナティブ 歌もの

アルカラ

概要

2002年7月結成。2003年1月現メンバーとなる。
自称「ロック界の奇行師」

ギターロックやオルタナティヴロックなどの音楽性を基調としながら 一筋縄でいかない自由奔放さで唯一無二の世界を築き上げている。

2009年1月にはアメリカはワシントン州シアトルでの公演を行い、音楽が言葉の壁を超えた瞬間を体験する。
2010年4月、愛し愛され続けた地元神戸を 飛び出して「遅れてきた青春」を取り戻すべく上京する。
その後、SWEET LOVE SHOWERやROCK IN JAPAN FESTIVALやCOUNT DOWN JAPANなど大型フェスへの出演を果たし、2012年に入ってからはスペースシャワー列伝ツアーに参加、そして東名阪ワンマンツアー「嗚呼、決戦は金曜日」を大成功におさめる。(公式ホームページより)

  • バンド名:アルカラ
  • 活動拠点:東京、神戸
  • 結成時期:2002年
  • ジャンル:ロック、歌もの
  • バンド構成:4ピース(ギターボーカル、ギター、ベース、ドラム)
  • ホームページ:http://arukara.net/

代表曲

YouTube Preview Image

曲感想

今更「キャッチーを科学する」のレビューを書くのもアレな気がするくらい、有名な曲です。

イントロのギターのサウンドが非常に印象的です。ある意味チープな音にも思えるんですが、楽曲全体を通すと非常に的を射たサウンドであることに気づきました。唯一無二のサウンドというか、必然的にこうなったというか。

そしてリフは、身体を動かさざるをえないキャッチーなリズムです。後のインディーズロック界にも大きな影響を与えたリフパターンだと思います。

題名の通り、メロディはキャッチーが非常によく科学されており、一度聴いたら忘れられません。
一度サビを繰り返した後に、更にたたみかけるように第二のサビ「なぜゆえ…」が続くこの構成がドラマティカルでリズミカル。
各パートの技量もかなり高く、少し大きめにミックスされたドラムがかなりクールかつキレキレに決まっています。

歌唱力もどんどん上がっているようで、この音源でも十分上手いのに、現在のライブでは更に進化した歌声とエモーショナルを披露しています。本当に穴がないバンドです。

関連ツイート

 

口コミ

12345 (6 投票, 平均値/最大値: 3.17 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

5段階のクチコミ評価です。バーを選択することで評価出来ます(左端から右端に向かって0〜5の5段階評価です。スマートフォンなどの端末では、ワンタッチで評価されるのでタッチする箇所にご注意ください)。皆さんのバンドへのクチコミ評価お待ちしております!

« »