ハイスイノナサ

エレクトロ オルタナティブ ポストロック

ハイスイノナサ

概要

2004年に結成されたオルタナティブロックバンド。ポストロック、エレクトロ、ミニマル・ミュージックに影響を受けた楽曲が特徴。(Wikipediaより)

  • バンド名:ハイスイノナサ
  • 活動拠点:東京
  • 結成時期:2004年
  • ジャンル:エレクトロ、ポストロック、ミニマル、オルタナティブ
  • バンド構成:4ピース(キーボード・ボーカル、ギター、ベース・パーカッション、ドラム・パーカッション)
  • ホームページ:http://www.haisuinonasa.com/

曲例

YouTube Preview Image

曲感想

まず一番に映像の面白さに目を惹かれることと思います。
幾何学的な図形のモーションが音楽と完全に同期している様は、なんとも形容しがたい爽快感を与えてくれます。
また、曲の展開に合わせて映像が2次元から3次元的な表現に変わったり、白と黒が反転したり、スローになったりと、「音に対するイメージ」が直接映像に変わった感じです。

しかし、音楽だけでも十分芸術として昇華出来るような、洗練されたサウンドと曲展開です。
ランダムにリズムが決定されたかのようなピアノに、ドラムやベース、その他のピアノが乗ることで調性や均整感が生まれています。
単純ではないドラムのビートに3連符的なリズムのピアノが乗っかったり、複雑なリズム構成をしているのですが、これだけの統一感が存在するのは不思議なものです。

ハイスイノナサの音楽は、芸術寄りな音楽だと感じました。

音楽は、娯楽としての音楽と、芸術としての音楽が存在すると思っています。
まあ、もちろん娯楽と芸術を背反的な言葉として用いるのは無理がありますが、
その場で聴いて体を動かして楽しむ音楽…単純に言えばポップス?のような音楽を娯楽の音楽だとしたら、ハイスイノナサの音楽は、精神や感覚に訴えかけるような、ひとつひとつの音に意味を見出したくなるような、そんな芸術の音楽と言えるのでは無いでしょうか。
表現し難いですが。。

何度か聴いていると、音楽だけ聴いても映像が想像出来、映像だけ見ても音楽が想像出来るようになっていました。それだけ映像と音楽がリンクして頭のなかに入って来ました。
これは、「音楽と映像」とか2つの側面が乖離した言葉よりも、これらをあわせた一言で言い表わせられる言葉が欲しいところです。
メディアアートとでも言うのでしょうか、映像と音楽が合わさって一つの芸術作品として完成しているような印象を覚えました!

関連ツイート

口コミ

12345 (8 投票, 平均値/最大値: 3.50 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

5段階のクチコミ評価です。バーを選択することで評価出来ます(左端から右端に向かって0〜5の5段階評価です。スマートフォンなどの端末では、ワンタッチで評価されるのでタッチする箇所にご注意ください)。皆さんのバンドへのクチコミ評価お待ちしております!

« »