Rhythmic Toy World

歌もの

rythmictoyworld

概要

アグレッシブに展開されるエッジの効いた楽曲と
全身に駆け巡る感情をぎゅっと絞り出した声が多くの支持を得ている。

触れたら崩れてしまいそうなほどのピリッとした繊細な空気感を出したと思えば
無邪気な子供が遊ぶかのように豪快に跳び回る姿も見せたりと、
何度も足を運ぶオーディエンスを飽きさせないのも彼らの魅力のひとつ。

吐きだされる言葉のひとつひとつは、とても普遍的。
青臭い願望、シンプルな伝言、そして洗練されたガイダンス。
様々な視点から多くの共感を紡いでいくのがRhythmic Toy Worldの世界の根源である。

  • バンド名:Rhythmic Toy World
  • 活動拠点:東京
  • 結成時期:2009年
  • ジャンル:ロック、歌もの
  • バンド構成:4ピース(ギターボーカル、ギター、ベース、ドラム)
  • ホームページ:http://rhythmictoyworld.web.fc2.com/

代表曲

YouTube Preview Image

曲感想

ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムとオーソドックスなバンド構成ですが、特筆すべきは、ボーカルの確固たる歌唱力でしょう!イントロからハスキーかつ透明感のあるボーカルが聴けます。
弾き語りなどで鍛えられた歌は必見です。

ギターのアルペジオにのるボーカルから曲は始まります。
割りとスローな曲かと思いきや、一段落してから一転、さわやかな疾走ナンバーに。
リズムギターとリードギターが上手く役割を分担しています。
リフにおけるリードギターのフレーズと音作りは秀逸。クリーンっぽさが残った枯れた音で何気に聴きなれない特徴的なサウンドです。何か、哀愁ただよう気持ち良い音。そしてフレージングは燃えます!

Aメロ、Bメロとオーソドックスな展開ですが、ベースの動きが面白く、ギターの絡み合いも良い!
そして、Bメロからなめらかにサビに展開し、A、Bメロに比べてメロディもグッと高くなり、かなりの疾走感を見せます!そして、流石というべきか、メロはかなりキャッチーです。

Cメロもセンチメンタルな雰囲気と盛り上がりを兼ねた良い展開。そこから続くギターソロなんかもクロマチックで独特な進行がいいですね。変拍子なんかも盛り込まれています。

展開が冗長な感じがする時もあるのですが、曲ごとにここまで展開を思いつくのは流石。個性のひとつですね。

ボーカルの、高音部分に入るエッジが非常にエモーショナルで、800Hzあたりにピークを持ちつつも高域倍音豊かな声になっています。非常に聴きやすい良い声です。

RO69JACK2012という、ロッキンオン主催のオーディションで入賞アーティストに選ばれるなど様々な受賞歴もあるようで、今後の活躍にも期待です!!

話題

口コミ

12345 (30 投票, 平均値/最大値: 4.47 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

5段階のクチコミ評価です。バーを選択することで評価出来ます(左端から右端に向かって0〜5の5段階評価です。スマートフォンなどの端末では、ワンタッチで評価されるのでタッチする箇所にご注意ください)。皆さんのバンドへのクチコミ評価お待ちしております!

»